にゃんこ先生とテレビの日々
 同居猫や、テレビのことなど。


プロフィール

猫鼻(ネコハナ)

管理人:猫鼻(ネコハナ)
 いらっしゃいませ。
上は、同居猫のにゃんこ先生こと
「にゃんこけ」です。
2005年4月10日生まれの♀です。
本名はちゃんとありますが、
ある日「にゃんこけ」と呼んで以来、
しっくりきたので通称となりました。



FC2ブログランキング

☆ランキング参加中です☆

FC2ブログランキング

☆クリックお願いします☆



同盟

マタタビ無視の会

『マタタビ無視の会』発足しました♪  ☆会員募集中です☆



ごはん何にする?

時間帯によって表示されるレシピが変わります。 これで献立に悩まない!



里親募集中です



最近のコメント



最近の記事



カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



にゃんこけセレクト

大感謝セール0916お安くなりました お試しにどうぞ至高のおから猫砂『トフカスサンドK 7L』 固...

 お試しにどうぞ! 至高のおから猫砂『トフカスサンドK 7L』 固まり強力!片付けカンタン♪臭わない★



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の運動
20051101002432.jpg

20051101002457.jpg

20051101002539.jpg

20051101002600.jpg

20051101002618.jpg

 運動大好き
得意技は、空中腰ひねり方向転換。
必殺技は、跳躍壁蹴り方向転換。
10点満点

スポンサーサイト

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


キャットドア(購入編)
 今日は、大型ホームセンター内の大型ペット総合ショップに行ってきた。
目的は、キャットドア購入。

 ウチでは、にゃんこ先生を完全室内飼いにしている。
そして、自由に家の中を移動できるように、屋内のドアというドアを半開きにしている。
これまではそれで十分事足りていた。
が、しかし、日に日に寒くなる昨今。
特に寝室では、夜と朝方の冷え込みに耐え難いものを感じるようになった。
そんなわけで、以前から導入を検討されていたキャットドアの購入に踏み切るに至った。

 ネットショップではよく見ていたキャットドア。
しかし、本物をちゃんと見るのは今日が初めて。
あれネットで見たより安いな
そして一口にキャットドアと言っても、いろんな種類がある事にも気付く。
ロックできるタイプのものはもちろん、in・outどちらか一方通行に出来るもの、
付属のマグネットキーを装着した猫しか通さないタイプのもの、ガラスに取り付けるもの、
猫が外にいるのか中にいるのか、一目で分かる目印のついたもの、・・・などなど。
今私が覚えているのはこんなところでしょうか。
そして値段もピンキリ。
さすが、色々と付加価値の付いているデラックスなものはお高い。
だが、ウチでは屋外と屋内をつなぐわけではなく、屋内のみで使うわけだから、
そんなに色々とオプションが付いていなくても良い。
シンプルに、ロック機能だけが付いていれば
(アイロンがけなど危険なときのために)良いのだ。

 以上のことを踏まえ、購入する商品はすんなり決まった。
その売り場にあったキャットドアの中で一番安い、
シンプルにロック機能だけ付いたヤツ。それを、2つ。
先生の寝床になっている私の部屋と、日中よく使う居間のような部屋に、
1つずつ取り付ける。

 店員さんを呼び止め在庫を確認してもらうと、
残念なことに買おうとしていたドアはもう在庫が1つしかないという。
他のキャットドアも軒並み在庫切れ、もしくは残りわずかとの事。
それ、ちゃんと書いておいて欲しいなぁ
仕方なく、目当てのドアと、ちょいとお高めのドアを1つずつ購入。
でも、思っていたよりは安く購入できたので良しとなった。
と言っても、父が買ってくれたんだけど(ありがとうございます)

 今日は他にも色々と買い物をして帰るのが遅くなったので、
取り付けは11月3日の祝日に行うことになった。
と言っても、父が取り付けてくれるんだけど(お手伝いさせていただきます)

 今日ついでに買ってきたもの。またたびの木。美味しげな猫飯。
お留守番していたにゃんこ先生に、おみやげだよ~と木を差し出す。
興味深げにくんくんと嗅ぐ。が、プイッ。
床に置いてみる。前足で、ちょいちょいと転がす。が、プイッ。
・・・・・・やっぱりダメか
先生にとっては美味しげな猫飯のほうが、うれしいおみやげだったみたい。
夜ご飯に出したらガツガツ食べていた。


   先生、キャットドア付けたらちゃんとドアを押して入るんですよ。
  猫トイレのドアさえも押して入れなくて、取り外して使っている先生。
  ちゃんと覚えてくれるかしら?
20051031002018.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


にゃんこのデンタルケア
 みなさんは、ペットのデンタルケア、どうしてますか?
ウチは、特に何もしていないというのが現状です。
少し前に犬猫用のデンタルスプレーを買ったことがありますが、
1度試してみた後は、まったく使っていません。
そのときのにゃんこ先生の反応は、
「・・・・・・。」
固まっていました。
どんな味がするのか心配になり、私もなめてみました。
「・・・・・・。」
薄めた歯磨き粉味。口の中がネトネトする。
これ、口の中に入れられるのイヤだなぁ
そんなわけで、このデンタルスプレーはお蔵入りとなりました。

 しかし、デンタルケアは歯周病や口臭の予防に有効と聞くと、
このまま何もしないでいいものだろうかと悩みます。

 実はにゃんこ先生、ちょっぴり(じゃないかも)お口が臭い
口を閉じているときはなんでもないのだが、
あ~んと大きくあくびをしたときなどにホワッと臭う。
ホワッチョウ。

 口臭やおしっこ・ウンチの臭いを軽減させる猫飯も売っている。
でもそればっかり与えるのもなぁ。本にゃんの好みもあるし。
ガーゼに専用液をしみこませて歯を磨くのは、もっと嫌がるだろうし。

 どうしてもガマンできないほど臭うわけではないから、
デンタルケアについてはどうしても及び腰になる。
しかし歯周病も怖いしねぇ。
どうする?にゃんこ先生。


20051029222420.jpg

 そんにゃの、このスリッパの臭いに比べたらどってことないにゃ
・・・そ、そういう問題じゃなくて

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


ぬくぬくキャンペーン
 昨夜、とうとう電気毛布(敷くタイプ)を出してきました。
自分の部屋に持っていく前に、居間に置いておいたら・・・
いつの間にかこんな感じに↓
20051028223349.jpg

20051028223720.jpg

素早いなぁ、にゃんこ先生。

 そして今日。
まずは、小さい毛布の上でまったり。
20051028223221.jpg

 その後、ホットカーペットの上に移動して爆睡。
20051028222927.jpg

・・・かと思いきや、むくっ。「何にゃ?
20051028223000.jpg

 今度は本当に爆睡。
目を開けて寝ています。ちょっとした恐怖映像
20051028223128.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


にゃんこ先生のお気に入り
20051027200130.jpg

 最近のお気に入り隠れ家。洗面台のくぼみ。
本にゃんはかくれんぼのつもり?
でも、しっぽが思いっきり出てますけど・・・
20051027200055.jpg

  にゃ?見つかった?


20051027200159.jpg

 そして、これまた最近のお気に入り。お風呂場探検。
ここでウンの付いたお尻を洗われたこと2回。
その度に必死で暴れ、殺されるような悲鳴を上げていたにゃんこ先生。
ここは、先生にとって嫌な思い出の場所なはず。
なのにどうして、こうもお風呂場に入りたがるのでしょう?
 ふんふん。新しいにおいにゃ~


20051027200230.jpg

 ちょっとおすまし。
よっ男前
 レディに向かって失礼にゃ

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


久々の、人猫混合大運動会。
 最近は不妊手術の傷が心配で、
にゃんこ先生を余計に興奮させるような大きな遊びの相手は避けていた。
とはいえ、人間が相手してくれないからといって
一人(匹)じっとしている先生ではなかったのですが・・・
ま、念のためってことで。

 さて、手術の傷も塞がった今日この頃。
そろそろ大きなお遊びも解禁といきますかと、いうわけで、
今日は柄の長いおもちゃを使って、久々に廊下+階段で人間と猫の運動会を催しました。

 私もただ遊ぶのではもったいないと、
動き回るにゃんこ先生の写真を撮ってみたのですが、これが非常に難しい
とにかくシャッターを押しまくってはみたものの、
かろうじて公開にたえられるであろう写真が、この4枚きりです
お粗末


  「まずは・・・」
20051026233627.jpg

  「右のパンチそして・・・」
20051026233714.jpg

  「でたーっ黄金の左~
20051026233811.jpg

  「しかし・・・あ~っと、惜しいですね~。
   王者、ねずみを捕らえることができません。
   にゃんこけ選手、まだまだ様子見といったところでしょうか?」
  「そうですね~。猫科の威信をかけた戦いですから、
   負けはまずありえないでしょう。」
20051026233929.jpg


 この写真に写っているおもちゃですが、
ひもの先に付いているねずみがごちゃっと固まっていますよね?
これ本当は、4匹のねずみがたてに等間隔でひもに繋がっているおもちゃなんです。
でも、先生と遊び始めるとすぐ、
ひもが絡まってねずみ同士が仲良く一塊になっちゃうんですね・・・
しかし、先生興奮中はほどいている暇なんてありませんから、
このままプレイ続行です

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


またたびフォ~ッ!!
 “猫にまたたび、お女郎に小判”と申しますとおり、
昔から猫の大好物といえばまたたびであります。
元気がないとき、食欲がないとき、イライラしているとき、・・・
そんなときまたたびを与えれば、たちまち猫は元気ハツラツ
ご飯を食べたり遊んだりするようになると言う触れ込みです。
また、単なるおもちゃとしても、またたびは大きな効果を発揮するそうです。

 「またたび」・・・甘美なる響き・・・
そんなわけで、にゃんこ先生にもまたたびを与えてみることにしました。
あっと、その前に、
どうして今までにゃんこ先生にはまたたびを与えなかったかと言いますと、それは、
仔猫にはまたたびが効きにくいと言われているからです。
じゃぁ、なんでまだ6ヶ月の先生に与えることにしたわけ?
まだ仔猫じゃん?といいますと、それは、
与えてみたくなったから。

 実は以前、またたび入りのおやつやら粉末やらを、
事情をよく知らない父が購入してきたことがあったのです。
そのときは「仔猫には効かないらしいよ」と一蹴した私ですが、
またたびが気にならない存在だといえば嘘になるということも自覚しておりました。
いつ与えようか、いつ与えようか、毎日そんなことを頭の片隅で考えているうちに、
とうとう欲望の歯車が動き出してしまったのです。

 はいはい、改めてそんなわけで、にゃんこ先生またたび初体験とあいなりましたよ。

 まずは『またたび入りジャーキー』。
1本3cmくらいの細くて短いジャーキー。
これを、仔猫の場合は5~10本、2~3回に分けて与えると書いてある。
私は1本だけ取り出し、手のひらに乗せて先生の顔の前に持っていってみた。
先生はくんくんと興味深げに匂いを嗅いでから、ぱくっと口にくわえた。
そのまま食べるのかと思いきや、先生はジャーキーを床に落としてしまった。
床に落ちたジャーキーは、先生には拾いにくいらしい。
なので私が拾い、口に入れてあげる。しかし、また落とす。
また口に入れる。また落とす。この繰り返し。
この形状のままでは、食べにくいのだろうか?
そう思った私は、1本を3つにちぎって、いつものご飯皿に入れてみた。
すると、先生楽々ゲット
やはり、あのままでは食べ辛かったらしい。
その後、合計5本をそれぞれちぎりお皿に入れるも、全て完食
気に入ったらしいので、これは、与える量を注意せねば。

 お次はまたたび粉末。
今回使った粉末は、ダンボール製の爪とぎについてきたもの。
使用法は、その爪とぎにふりかけるだけ。
普段はその爪とぎでは、あまり爪をとがないにゃんこ先生。
さて、またたび効果あらわれるか?
その一部始終は以下↓

  クンクン・・・いつもと何か違うにゃ・・・
20051025180232.jpg

  にゃーっ なぜか無性に爪とぎ気分にゃっ
20051025180251.jpg

  にょわーっ
20051025180324.jpg

  ムキーッ
20051025180417.jpg

  んがーっ
20051025180519.jpg

  爪とぎフォ~ッ
20051025180600.jpg

  がじがじ。ふ~、堪能したにゃ
20051025180623.jpg

 このように1分弱ほど爪を研いだ先生でしたが、
その後はまったく見向きもしなくなりました。
ふりかけた量が少なかったのか?
それとも単なる気まぐれか?
はたまた先生には早すぎたのか・・・?
ま、効果のない猫もいるって言うし、いろいろ試してみることにしますわ。

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


モフ毛カムバーック!
 この写真ではちょっと見づらいですが、不妊手術の痕が、痛々しくなくなりました。
まだまだ毛は短いですけど
 モフ毛への道のりは長いっ
20051024142354.jpg


  いないいない・・・
20051024142154.jpg

  ばっ
20051024142232.jpg

  ふぅこんな遊びじゃつまんにゃい。
20051024142312.jpg

  今日はカマキリさんも来ないしにゃー
20051024142424.jpg

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


完全復活!にゃんこ先生。
 昨日の抜糸で獣医さんがおっしゃった通り、今日はすっかり傷が塞がっていた。
わずらわしいエリザベスカラーを脱ぎ捨てた彼女に、もう何も遮るものはない。

 全快(病気じゃないけど)したにゃんこ先生を皆、安どの表情で見守る。
壁を蹴り、カーテンを上り、置物を倒し、全てが手術前に戻った。
そんな今となっては、弱々しく大人しかった先生が懐かしい。

 いいんだいいんだ。元気が1番


   カメムシに怯えつつも外に干したバスタオル類をとりこむ際、
  タオルに張り付くカマキリを発見。
  先生を喜ばそうと網戸にくっつけてみた(直接与えるといじめるので)。

  じーっ
20051023181056.jpg

  むぅ・・・
20051023182037.jpg

  んばっ
20051023182001.jpg

  ん~。
20051023182615.jpg

  ねぇねぇ
20051023182119.jpg

  これ、あんまり動かにゃい。つまんないの
20051023180125.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


エリザベス先生、再び。
 今日はにゃんこ先生の抜糸のため、動物病院に行ってきました。

 今日はやけに待合室がいっぱいだねぇ、先生。
でも中に入るとぎゅうぎゅうでご迷惑になるから、少しお外で待ってようね~。
・・・って、えそこの飼い主(女性)さん
小学生の子供3人+診察に関係ないわんこ1匹まで引き連れて、
ぞろぞろ退院するわんこをお迎えに来るなー
ここは小さい病院で、待合室も狭いんだぞ
こちとら寒い中、遠慮して外で待ってるっちゅうに
なんだかなー。気持ちは分かるけど、それはダメでしょ。

 さて、にゃんこ先生の抜糸ですが、呼ばれて診察室に入ると、なんと、
今日は抜糸じゃないよね?
と獣医さんがおっしゃるではないか。
え、ええっ
そんなこの前今度の土曜日って聞きましたって
紙にもそう書いてありましたって
でも、獣医さんに
「紙にちゃんと書いてありましたよね?今日じゃないはずですよ。」
と言われると、え、そうだったかなぁ~?と、自分の記憶が疑わしくなってしまい、
証拠の紙も捨ててしまっていた私はついに、
「勘違いしたかもしれません。すみません
と、謝ってしまいました。弱~

 そんな疑惑のハプニングもありましたが、抜糸は今日してもらっちゃいました。
獣医さん曰く、
「もう上のほうは塞がってるから、ちょっと早いけど、抜糸しても大丈夫でしょう。」
とのこと。
え、じゃぁ下はまだくっついてないの?抜糸していいの?
と、不安になりながらもチョキチョキチョキ。
「今日はなめさせないように気をつけて。なめるようならカラーをつけて。
でも明日には塞がりますから、そしたらカラーをつけなくても大丈夫です。」
そう言い渡され、にゃんこ先生は晴れて自由の身・・・にはなれず、
今日1日だけエリザベスカラーのわずらわしさを味わうことになりました。

 ちなみに、獣医さんはもちろん、顔を合わせたスタッフさん全員にも、
「自分で抜糸しちゃったんだって?ちゃんと糸ついてる?」
と、笑われてしまったにゃんこ先生なのでした

 も一個ちなみに、ネコさんは特に、セルフ抜糸しちゃうコが多いそうな。
「全部自分で糸を取っちゃったのに、飼い主さんがそれに気付かず、
抜糸に連れてきたこともあったのよ。」
と、お会計のときに教えてもらいました。
世の中には、私よりもお間抜けな飼い主さんがいるのね~


  そんなわけで、エリザベス先生・再び。
20051022162338.jpg

  “言い得て妙”な、Ayaさんの表現を借りれば、まさにパラボラアンテナ
20051022162418.jpg

  またこれにゃ・・・。重くて歩きづらくて邪魔で鬱陶しくて、不愉快にゃ
20051022162400.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


カメムシvs人間vsにゃんこ先生vsカメムシvs・・・
 暑くも寒くもない、ぽかぽかで過ごしやすい秋の晴天。
天気予報では「過ごしやすい1日となるでしょう」が頻繁に聞かれるこの時期。
お布団も干せるわ厚手の洗濯物も乾いちゃうわぁ
そろそろベロアの出番かしらんなんて、
おしゃれにも気合が入っちゃう秋
・・・ふふ・・・あーっはっはっはっはーはーっはっはっはっはァーーン
来るんだよぉ、あいつらが来るんだよぉ。秋はよぉ。
集団で、大挙して、大量に、うっじゃうっじゃうじゃじゃーッと

 さて、一通り取り乱したところで本題です。
秋も本格的な姿を見せる10月~11月。
負けじと本格的に始動するやつらがいます。
それは、カメムシ
ご存知の方も多いかと思います、ヤツから発せられるあの殺人的悪臭
暖かな晴天に見舞われようもんなら集団で家の外壁にへばりつき、網戸にしがみつき、
目ざとく隙間を見つけては屋内に入り込む悪の化身。
天気が良いからと洗濯物や布団を外に干せば、たちまちそれらはカメムシの寝床。
触れば地獄、見過ごせばさらなる地獄が待っているのです・・・

 駆除は、主に殺虫剤を使います。
今年もカメムシキンチョールカメムシコロリスーパーカメムシジェットと様々揃え、
万全の体制で臨んでおります。
が、しかし、今年は去年までとは勝手が違うことがあります。
それは、にゃんこ先生の登場。
これがかなりデカイ存在感なのですよ。

 これまでは、床でも壁でも殺虫剤。殺虫剤ありきの駆除でした。
しかしにゃんこ先生の安全を考えると、
先生の行動範囲に殺虫剤がまかれているのは大変好ましくない状況と言えます。
したがって先生の手の届く場所への散布は、今年から極力控えることになりました。
代替策として、
“先生危険区域では武器は殺虫剤からいらない紙に持ち換え、
そーっとカメムシを紙の上に乗っけてそのままお外へポーイ(その後殺虫剤使用は尚良し)作戦”

を励行。
これにより、にゃんこ先生への殺虫剤汚染はほぼ防げると思われる。

 そして今、私が最も懸念してやまないこと、それは、
にゃんこ先生によるカメムシ虐待である。
これまでも、クモ、ハエ、ウマオイ、と戦い(本にゃんは遊んでいるつもり)全勝の先生。
そんな虫殺しの異名を持つ好奇心旺盛な先生が、
何も知らずにのこのこ侵入してきたカメムシを見逃すはずがありません。
しかし、何も知らないのは先生とて同じ。
その小さくてひ弱そうな虫が、
テイッと振り下ろされる猫パンチよりも強力な武器<悪臭>を携えているなど、
直接対決未経験の先生はつゆも知らぬ。

 もしも・・・にゃんこ先生が・・・カメムシにちょっかいを出してしまったら・・・。
家の中が悪臭に満ちるだけではない。
あの愛らしいにゃんこ先生が、我が家の天使・にゃんこけが、
悪臭放つ毛の悪魔と化してしまう
それは避けたいそれだけは避けたいのだ

 過ごしやすいはずの秋。私にとっては、気の休まらない秋。
視線の先には、窓越しにカメムシを狙う先生のお姿。
冬よ来い


  というわけで、狩猟本能むき出しの先生コレクションを・・・
20051021171652.jpg

20051021171712.jpg

20051021171732.jpg

  最後はお口直しに、後ろ足の肉球でお別れです。
20051021171802.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


にゃんこ先生セルフ抜糸
 抜糸まであと2日の今日。
いつものように、傷口チェーック
おやえ、ええっ
にゃんこ先生の縫合糸が、1つ減ってる~

 縫合してある糸は、全部で4ヶ所だった。
きのう見たときにはちゃんとあったんだから、間違いない。
しかし今日確認したところ、3ヶ所に減っているではないか
げぇ~、1ヶ所取れちまってる・・・
「糸が外れてしまったら、病院に来てください」
という獣医さんの言葉を思い出す。
やばい。これはきっとマズイことなのだ。
しかし見たところ、傷口はちゃんとふさがっていて、赤くもなっていない。
ここは落ち着いて、まずは病院へ電話
で、電話電話(落ち着け)

 電話口に出たのはたぶん、いつもの獣医さん。
糸が1ヶ所外れたことを告げると、
「あ~、自分で抜糸しちゃったのね~。」と苦笑い。
そして、ちゃんとおなかが閉じていること、抜糸が2日後であることを告げると、
「大丈夫そうなので、自宅で様子を見てください。」と言われた。

 獣医さんの判断を聞けたということで、とりあえず一安心。
あ~、焦った
もう、先生、暴れるの禁止!禁止だよっ!あ、コラッ待てー



20051020220649.jpg

のっしのっし
20051020220712.jpg

ちょいちょい
20051020220741.jpg

くんくん
20051020220808.jpg

ん?
20051020220833.jpg

なに見てんのにゃ
20051020220857.jpg

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


猫は血で狩る?
 もうまるっきり手術前の調子を取り戻したにゃんこ先生。
ご飯もガツガツ召し上がる。

 しかしそれを喜んでばかりもいられない。
なぜなら不妊手術後はカロリー消費量が減少してしまうため、
術前と同じ食事量では肥満になる恐れがあるからだ。

 以前は成長期ということもあり、少し多めに出していたきらいがあった。
が、しかし、これからはそうもできまい。
きちっと分量分。量って、量って、量りまくる

 先生も、『欲しがりません、夜までは。』の精神でよろしくお願いしますよ。


20051019152319.jpg

  窓の外に何かを発見。

20051019152340.jpg

  凝視。

20051019152457.jpg

  超凝視。

20051019152518.jpg

  威嚇!

 猫の威嚇音って、どんな擬声語で表したら良いでしょう?
「カカカカッ!」と聞こえたような・・・微妙に違うような・・・

 ちなみに獲物(捕まえちゃいないけど)はカラスでした。

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


術後初通院
 昨日にゃんこ先生は、傷口の消毒と経過確認のため、避妊手術後初めて病院に行ってきた。
行きの車中でびっくりするほど大きな声でにゃー!!と鳴いた先生。
どうした?もう手術はないですよ?

 そんな先生をだましだまし、病院には午後の診察時間ぴったりに着いた。
待合室では、隣に座ったミニチュアダックスを抱いた小学生の男の子に、
「わぁ~猫ちゃんだ!かわいい~!」と言われ、にっこり
しめしめと頷く先生

 さて、ようやくにゃんこ先生の番。
逃げようとするにゃんこ先生をひっくり返して縫合部分を見てもらう。
異常無しとのことでホッとした。
茶色っぽい消毒液をちょんちょんとされ、終了。
安心したにゃんこ先生は、そのひっくり返されておなか丸見えの姿勢のまま放心。
獣医さんにおなかをこちょこちょされて、気持ち良さに目を細めていた。
さすがプロ。おさわりのツボを心得ていらっしゃる。

 その後我に返ったにゃんこ先生を肩に乗せながら、いくつか心配事を質問。
それは、16日の記事にも書いた、術後日にちが経っていないにもかかわらずの大暴れ。
階段をダッシュで上ったり、廊下を駆け回ったりしているのですが、大丈夫でしょうか?
と問う私に獣医さんは苦笑い。
「本当は控えてほしいんですけどね~。
でも、なかなか止められることでもないでしょう?」
と、ま、しょうがないねって感じのお答え。
それから、傷なめなめに関してもある程度は大丈夫とのこと。
「もしも、傷の周りが赤くはれたり、縫ってある糸が外されていたりしたら、
すぐに病院に来てください。
そうじゃなければ、今週の土曜の抜糸まで来なくて良いです。」

 というわけで、今度病院に行くのは22日の土曜日ですね、にゃんこ先生。
抜糸はまた暴れそうですね。
何着て行こう?・・・


 いそいそとなめなめする先生。
 あんまりやるなら、またエリザベス先生になってもらいますよ。

20051018231549.jpg

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


オートクチュール★にゃんこ先生
 避妊手術の縫合部分をなめなめしてしまうにゃんこ先生ですが、
昨日の記事で書いたとおり、今現在も何も装着していません。
しかも、昨日の記事では24時間監視となっていましたが、
それも今は昔。
今現在、監視と言えるほどのことはしておりません。
というのも、昨日書いた“縫合部分を舐めようとしたらすぐに人間の指が割って入る作戦”は、
にゃんこ先生に大きなストレスを与えることが判明したからです。
エリザベスカラーのストレスから開放するために選んだ作戦のはずが、
結局、先生に同程度のストレスを与えることとなったわけです。
これでは作戦の意味がありません。
それに、おなかをなめる先生の行動をよく見たところ、
傷口を気にしてそこを重点的になめていると言うよりは、
普段のお手入れとしてグルーミングしているといった感じでした。

 以上のことから、我々にゃんこ先生監視チームは監視レベルを特上から上に下げ、
あくまでゆったりと見守る作戦にシフトしました。

 で、当のにゃんこ先生はというと、
本日午後7時ごろから急激な体力回復&ノリノリ気分回復により、
廊下ダッシュ階段駆け上がりキャットタワー駆け上がりと順調にメニューをこなし、
腹の縫合部分さえ見なければまるでフツーな生活を送り始めました。

 というわけで監視チームには、
なるべく先生を刺激しないようにとの通達を回しておきました


 いらなくなったぶ厚いタイツを切って、傷保護服を作ってみました。
 でも、やっぱりものすごく嫌がった先生。
 嫌がりすぎて、ピクリとも動かなくなりました。
 すぐに脱がしたのは言うまでもありません。

20051016235954.jpg

動かなくなって、そのまま寝てしまいました。
20051017000041.jpg

 にゃに?このダサい服。
 ああイヤにゃ。もう、ふて寝にゃ。

20051017000237.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


無事退院です。皆様お騒がせいたしました。
 にゃんこ先生がお世話になっている動物病院は、診察が午前9時から始まる。
早く迎えに行きたかった私は、病院に午前8時55分到着。
昨日預けてからずっと、
どんな姿になっているんだろう、やはり痛いのだろうか、
慣れない所に泊まるなんて、さぞかし寂しかったに違いないなどと心配し、
それだけが頭の中を埋め尽くしていた。

 診察室に入ると、すでに診察台の上には手術を乗り越えたにゃんこ先生の姿が
先生の姿は痛々しく包帯で巻かれ、首にはエリザベスカラーが取り付けられて・・・・・ないっ
あれ素っ裸ですよ?先生?
おなかを守る布も、エリザベスカラーも、な~んにも装着していないではないか。
まさに生まれたままの姿。
それで獣医さんになでなでされ、ゴロゴロとのどを鳴らしていた
私が顔を見せればすり寄って来るだろうなんてのは、とんでもない妄想だ。
にゃんこ先生は獣医さんがなでなでする手が離れてからやっと、私の方に顔を向けてくれた。
そして私の腕を伝い、肩に乗り、前足を頭の上へ。痛い

 ここで私が入院中の様子を伺うと、獣医さんは次のように語ってくださった。
「朝ごはんはペロッと食べました。
縫ってあるところはほとんど気にしていないみたいだから、
特別何かを着けるようなことはしていません。
夜はさすがに少し痛んだようだけど、朝からはご覧のとおり、ご機嫌です
と。そしてさらに、
「なんていうか、とても扱いやすいコでしたよ(笑)」
と、獣医さんはおっしゃられた。
安心して少し目が潤んでしまった私だが、ちょっぴり恥ずかしさも覚えたのはナゼ?

 昨日聞いたとおり、傷口は本当に小さく、おなかの毛はいっぱい剃られていた。
びっくりしたのは、取り出した卵巣と子宮を見せていただいたこと。
拝見したいと思っていたが、
まさか本当に見せていただけるとは思っていなかったので、ちょっと感動した。

 傷口を気にしていないようだからしなくても良いと言われたエリザベスカラーだったが、
もしも気にし始めるようなことがあってはと思い、念のため病院の物を貸していただいた。
飲み薬はご飯に混ぜて朝と夜に与えるが、もしも下痢するようなら飲むのをやめるようにとのこと。
術後は多少大人しくはなるが、激しい運動はさせないよう気をつけてと言われた。

 それから、tamakoさんのコメントにトイレをガマンしていたという文があったことを思い出し、
先生の入院中はどうだったか尋ねてみた。
するとやはり、トイレには行かなかったとの答え。
早く迎えに来て良かったtamakoさん情報ありがとうございました。

 無事帰還を果たしたにゃんこ先生はというと、早速のトイレ
そしておなかをグルーミング・・・って、だめー
というわけで、備えあれば憂い無し。
借りて来て良かった~の、カラーを装着。
これが嫌がる嫌がる。
重いし、引っかかって邪魔だし、抜けそうだし、
階段を上がろうとして落ちそうだし、高いところで外そうと暴れて危ないし。
というわけですぐに外し、縫合部分を舐めようとしたらすぐに人間の指が割って入る作戦に移行。
これって、誰かしら(主に私)がそばで必ず見ていないとダメってことよね?
こうして猫鼻家は、先生睡眠時以外24時間監視の厳戒態勢をとることとなった


 超期間限定エリザベス先生。
20051015155245.jpg

 全体&傷アップ。
20051015160854.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


今日が本番、避妊手術。
 昨夜は絶食絶水しているにゃんこ先生を気遣って、人間どもはいつもより早く就寝。
夜毎運動会を催している先生も、人間が一人も起きていない状況に寂しさを隠せず(?)、
少々雄叫びは上げたものの、早々と切り上げて床に就いた。

 朝、緊張していた私は6時ごろ目が覚めてしまった。起きる予定は9時。
ここで私が起きてしまうと、一緒にベッドで寝ているにゃんこ先生も起きてしまう。
それではマズイ。
まだ6時。出発は11時。
あまり早く起こしてしまっては、
先生が空腹やのどの渇きに気付いてつらい思いをするかもしれない。
先生の苦痛は出来るだけ避けたかった。
にゃんこ先生の侵食により片腕が落ちるまでベッドの端に追いやられた私だったが、
起こしてしまうことを恐れその無理な姿勢のまま、無理やりまた眠ることにした。

 アラームが鳴って9時。
体を起こそうとすると、私の顔に自分の顔を近づけてくる毛むくじゃらが。
先生
階段を下りると母に、「にゃんこ先生7時前にはもう起きて遊んでたよ」と言われた。
・・・あ、そう(-_-)

 今まで一度も食事や水を催促したことが無い先生。
前日夜9時以降絶食絶水の今回も、全く催促されなかった。たぶん
しかしさすがに今日の先生には、いつもの“スタミナ”が感じられない。
やはり食事は活力。
朝食はしっかり摂りたいものですね

 さて、いつものように騙し騙しキャリーバッグに誘導し、車で病院へ向かう。
車中もいつものように最初だけニャーニャー騒いですぐに大人しくなる・・・と思いきや、
何かを察したのか、先生は車中ほとんど黙ることなくにゃあにゃあ騒いでいた。

 病院に着いたのは11時半ごろ。軽い健康診断と避妊手術の説明を受けた。
説明によると、傷口はほんの3cmほど、
しかし衛生面を考慮しておなかの毛は広範囲に剃るらしい。
あのモフ毛がなくなっちゃうのか~、寂しい。
越冬を控えた先生はさぞ寒かろう。
そして、明日午前中にお迎え、月曜日に消毒のため来院、
来週の土曜日には抜糸、となると聞かされた。

 寂しくて夜鳴いたりしないようにと、私の匂いを染み付けたタオルを持参した私は、
「タオルは病院のを使うからいい」
とおっしゃる獣医さんに食い下がり、
「じゃぁ置いていってみます?」
というありがたいお言葉を引き出すことに成功
嫌な飼い主だと思われただろうか。
でも、できる限りのことをしてやりたいと思う親心なのですわ
それを人は身勝手と呼ぶのでしょうか。呼ぶな。

 後ろ髪ひかれつつ、にゃんこなき我が家に帰ってきたわけですが、やはりどうにも寂しい。
ついいつもの癖で、にゃんこの通り道用にドアを半開きにしてしまう人間ども。
明日はなるべく早く迎えに行くつもりです。


 母の足を蹴る先生。
 早く元気になって、また足と闘ってください。母の。

20051014231433.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


避妊手術。家猫のさだめ。大人へのステップ。
 明日、にゃんこ先生は避妊手術を受けに病院へ行きます。
私にとっても、もちろんにゃんこ先生にとっても、初めての経験。
いつもどおりのにゃんこ先生と、今から緊張している私。
不安が伝染してはいけないので、できるだけリラックスしたい。
でも、心配で心配で
たとえ寝ていても、人間がその部屋からいなくなるとニャーニャー鳴いて呼ぶか、
人間がいるところまで来る先生。
病院で一泊、大丈夫だろうか。
なんて、いくら心配したところでやるものはやるんだから、腹くくって寝ろ
と、ゲキを飛ばしてみたり。

 とりあえずにゃんこ先生は明日の手術に備えて、今日の午後9時から絶食絶水。
カリカリご飯じゃのどが渇いてかわいそうかなぁと思い、
夜ご飯は軟飯(読み:やわめし/意味:ウエットフード)に。

 つい先ほどそのタイムリミットは過ぎたわけだが・・・。
さて、リミット直前の先生はというと、就寝されていた。
しかし午後8時45分ごろに目覚め、夜ご飯をかきこみ、水も飲んだ。
そしてまたすぐ就寝された。
たくましい
・・・と、ここまで都合良く先生が行動してくれたのにはワケがある。
“にゃんこ先生は私が部屋から出て行くと起きる”
という習性を利用してリミット15分前に先生を起こし、
ご飯と水を目の前に差し出してみたというのがそのワケ。
だが、食べるか(飲むか)どうかは賭けだった。
しかし見事にすべり込みセーフ
これで少しは、空腹感やのどの渇きの苦しみを回避できるのではないだろうか。

 明日が本番だぁにゃんこ先生~。
今日は人間も早く寝るとするよ。


 明り取りの窓に、アブがブンブンバシバシぶつかっているのを見つけたにゃんこ先生。
 暴れて遊ぶのも、しばらくはお預けだね。

20051013165601.jpg


 めでたいオーナメント。
 縁起物に猫付きで、さらにご利益アップ?

20051013165656.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


歯がポロリ ♪思い出がいっぱい♪
 以前の記事『抜けた乳歯が見つかんない』でも歯のことを書いたが、
また乳歯と思われる歯が抜けた。
前回は題名のとおり、抜けた歯はどこかに行ってしまって、その後も出てきていない。
しかし今回は違う。
抜けた歯がちゃんと手元にほ~ら
20051012194946.jpg
※注:抜けた1本を、角度を変えて撮影したものです。

 どうして今回は歯が見つかったかと言うと・・・。
大きい紙袋の中で遊んでいたにゃんこ先生。
ふと覗いてみると、なにやら口をもぐもぐと動かしている。
また何か拾い食いして遊んでいるなと思い、その何かが口から落ちたところをさっと取り上げた。
それが、この歯だった

 どの部分が抜けたのか、口を広げて見てみたがよく分からなかった。
これでは、屋根の上にも縁の下にも投げることができない。
というわけで、よく洗って乾かして、保存することにした。
記念ですから


 大人の階段をのぼる先生。落ちないでくださいね。
20051012204904.jpg


テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット


猫鼻は見た!密着にゃんこけ24時!!
事件其の一
 ペロペロ。ペロペロ。
ダメーーーッ!!

 今日は、チーズ挟みはんぺんのマーガリン焼きをペロペロしていたにゃんこ先生を現行犯逮捕。
素早い犯行だった。
はんぺんを食卓に載せ、次の料理の準備をしている隙を狙われた。
どうやら先日のイカ焼き事件から、人間の食べ物への興味が決定的になった模様。
非常にマズイ。
“食卓に上っちゃダメの教え”は、先生には届いていないのか・・・。


事件其の二
 ガタン。
コラッ!

 居間から祖父の声が聞こえたので見に行ってみると、
そこには仏壇に飛び乗って中を探検するにゃんこ先生の姿が。
ウチの仏壇は高さがあるタイプのもので、お線香などを置く場所は人間の胸の高さほどある。
そこまで一足飛びで行けるようになったんだね・・・などと感心している場合ではない。
すかさず祖父の手により緊急逮捕。
まったくバチ当たりな


ネタは挙がってるんだぞ、にゃんこけ!
 ・・・・・・(黙秘)。

20051011203540.jpg


にゃんこ先生の隙間スイッチ
 今日でめでたく6ヶ月を迎えたにゃんこ先生でありますが、
朝から騒動を巻き起こしてくれました。

 朝寝坊していた私の部屋に、母が「まだ寝てるの~?」と入ってきた。
二言三言話した後、突然母がピアノの方を振り返り、「今ここから音がしなかった?」と言う。
私はまだ頭がぼんやりしていたので、音は聞こえなかった。
しかし、嫌な予感はした。
にゃんこ先生の姿が見たらない。

 以前から、にゃんこ先生は私の部屋にあるピアノの上に飛び乗って遊んでいる。
また、隣に並ぶ背の高い洋服ダンスに上る足がかりとしても有効利用されていた。
ピアノは壁を背にして置くタイプのもので、
壁とピアノには湿気を逃がすための8~10cmほどの隙間が設けられている。
しかし隙間があるのは背面だけで、側面はほとんど隙間が無い。
左は壁で、右には大きなタンス。
そこに落ちたら助けるのが大変だろうな~との心配をよそに、
先生はその隙間を興味深げに覗きこむことがあったことは言うまでもない。

 母が、ピアノに向かってにゃんこ先生を呼んだ。
すると、ピアノの向こうからか細い声で「にゃぁ~」との返事。
私はあわてて飛び起き、隙間を上から覗き込む。
そこには、にゃぁにゃぁと鳴きながら必死でジャンプする先生の姿が
あ~あ、ついにやっちゃったのね~

 レスキュー要請レスキュー要請要救助にゃんこを発見
にゃんこ先生救助隊は直ちに救助へ向かえ
ってーことで、さて、左は壁、ピアノは重くて無理、動くのは右のタンスだけか~
私は力任せにでっかいタンスを動かすことにした。
フルパワーで~、せーのっあれ割と簡単に動いた・・・
すると、にゃんこ先生はタンスを動かしてできた隙間からすぐに脱出。
そしてまたすぐに逆走してピアノの後ろの隙間に入ろうとした。
・・・こりてない


 すきますきままだ入ったことのない隙間はどこかにゃ~
 隙間掃除に喜びを感じる(?)先生。
 もうピアノの隙間は塞ぎましたからね!
 にゃんですと

20051010180052.jpg



今日の猫村さん
 昨日、たまたま目にした『今日の猫村さん』という漫画を買った。
ご存知の方も多いとは思いますが、もともとは“@NetHome”で連載中のWeb漫画。
毎日1コマ更新で、今もなお続いているそう。
テレビでも紹介されていた話題作と言うことだが、
流行りモノにちょっぴり(?)疎い私の耳には届いていなかった。
「ネット公開されていたものが本になってベストセラー」の構図は、近年のお約束でありますね。
紙媒体強し!と言ったところでしょうか?

 さてさて、中身のほうですが、私は好きです。おもしろい。
家政婦として働く猫村さんのがんばり、猫村さんのおせっかい、猫村さんの失敗、
全てにニヤニヤしてしまいます。
ただ、ぶ厚くて、1,200円もするけれど、
全部読み終えるまでにさほど時間はかからないところが購買躊躇ポインツ
でも、私は買って後悔していません・・・ちょっとしか
でも本当に、面白かったんですよ~。
自分への慰めでもなんでもなく(笑)

 興味あるなと思った方、2時間ドラマが好きな方、他人の家庭を覗く趣味がある方、
そしてもちろん猫大好きな方
『今日の猫村さん』公式サイトでは、“お試し猫村さん”と銘打って、
漫画のプロローグを見せてくれるページもありますよ~
一度覗いてみてはいかがでしょうか~


 猫村さん?知らないにゃ~。
 そんなもの読んでないで、このふわふわ揺らしにゃさいよぅ

20051010012508.jpg



死闘!にゃんこ先生の危機!!
 昨夜夕食の準備をしている際、私はごちゃごちゃした収納箱の中に手を入れ、
新しいキッチンペーパーを取り出した。
その様子をそばで見ていたにゃんこ先生は、
すかさずそのごちゃごちゃの中へダイビング
特に危険なものが入っていると言うわけでもないので、
私は夕食の準備に気持ちを戻した。

 しばらくすると、収納箱を探検していたはずのにゃんこ先生は、
なぜか床で激しくもがいていた。
ぐりんぐりんと体をよじり、伸びたり縮んだりを繰り返す先生。
見ると、小さな紙袋が先生の体にくっついている。
収納箱に入っていた紙袋の取っ手に体を通してみたはいいが、
途中で抜けなくなってしまったといったところか。

 そんなことはこれまでもよく見た光景で、たいていはすぐに抜けていた。
しかし、今回はずいぶんと時間がかかっている。
これは・・・シャッターチャンスですね!?

 急いでカメラを取りに走る私。
その私を追い越さんばかりに疾走する動物。
何故追いかけてきた?つーか、走れんだ。全速で。
しかしまだ紙袋付きの先生。
また床にごろんと横になり、どうにかしてこの邪魔者を取ろうと必死で格闘を始める。
私は夕食の準備そっちのけでシャッターをきった。

 ぬわぁー!イヤにゃ!
20051007135203.jpg

 イヤにゃイヤにゃ!!
20051007135228.jpg

 どうにかして・・・
20051007135428.jpg

 ほしいにゃ!
20051007135402.jpg

 もうっ見てないで取ってほしいにゃ!この役立たず
20051007135249.jpg

 この写真を撮り終わってすぐ、なぜかあっけなく取れてしまいました。

『ねこきも』は、キモい猫じゃありません。『ねこのきもち』11月号到着☆
20051006161320.jpg

 今日は、購読している『ねこのきもち』の11月号が届いた。
おぉ~表紙のにゃんこがまたまたかわいい~
私は9月号からの読者なので、今回で3冊目。
すご~く重宝してるってわけでもないけど、情報源の一つとして有効。
また、かわいい写真満載なので、目の保養にもなっている
そしてそして、書店は買えない購読スタイル☆毎月1回お届け☆ってところがミソ。
なんか、わくわくするから

 そんなベネッセの罠にまんまとはまる私は、もちろん通販大好き!
ひどい時は、あらゆる通販会社のカタログを取り寄せ、
部屋にカタログタワーが建設されるほどだった。

 さて、今月号はスペシャル保存版と銘打った「みんな、どうしてる?」特集。
全国約1万人の飼い主にアンケートを実施し、
その回答に専門家のアドバイスを加えてまとめた企画だそうだ。
食事のこと、抜け毛のこと、健康のこと・・・。
へえ~、なるほど。えーそれは早速やってみよう
今回はなかなか読み応えがある~
特に、「ウチではこんな工夫をしています」とか、
「こんなグッズ使ってみました」などの現場の声の掲載が多かったのがポイントかな。

 来月号は?お、猫カレンダー付き
内容は?
<“しっかり抱っこ”でお世話がぐーんと楽になる>
ふんふん、
<動物病院に行くときの“3つの困った”を解決!!>
まじで?
<泣き声&鳴き方でわかる「ねこの気持ち」>
ホント
・・・やられた、ベネッセに。
当分購読は続くな、『ねこきも』。


 9月号の付録のおもちゃ。
 ねずみの部分にプラスチックの鈴が入っている。ひもはゴム製。
 にゃんこ先生の食い付きがめちゃくちゃ良い。
 この鈴の音がすれば、すぐにすっ飛んで来る。
 また、とてもしっかりした作りで、安心して遊ばせられる。

20051006163905.jpg


 そして、読書タイムを邪魔する先生。
 かじっておられます。

20051006164620.jpg


盗み食い・・・よりによってイカかよ・・・
 食卓に乗せておいたイカのしょうゆ焼き。
ラップはかけずに、レースのキッチンパラソルをかぶせておいた。
食卓に乗るのはダメと教えていたし、人間の食べ物は一切与えたことがないし、
何よりにゃんこ先生にはご飯を出したばかりで、それをちゃんと食べていた。
しかしそれでも、目を離していた人間が悪かった。

 キッチンへ行った母が、大声で私を呼ぶ。
「すぐ来て!」と。
あわててキッチンへ行くと、食卓のキッチンパラソルがずらされていた。
ずらされたパラソルからはみ出たイカのしょうゆ焼きが盛られた皿。
そこから一切れのイカがテーブルに落ちていた。
そのイカにはかじった痕。
うそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
猫にイカはダメ猫にイカはダメ猫にイカはダメ猫にイカはダメ・・・・・・
猫飼育本で見た言葉が頭の中を駆け巡る。
「先生イカはダメなんだよ。イカはダメなの。ダメなんだってばー
むなしく響く声。
どど、どうしよう。獣医さんに電話だ。電話しなきゃ・・・
しかし、母の声に救われる。
「歯の痕は付いてるけど、なくなった部分はないから食べてないよ。かじってみただけじゃない?」
「ほ、本当
どうやら、本当に食べてはいないようだ。
助かった・・・たぶん。
でも、にゃんこ先生の口からイカの匂いがするよ

 これを教訓に、人間たちはもっともっとガードを固くせねば


 弟のパーカーに入れられた先生。
 暖かさにしばし両者満足。
 それを見る姉も満足。
 しかしこの後悲劇は起きたのだった。上記参照。

20051005162222.jpg


水を飲んだ後、手足をブルブルするのはナゼ?
20051004165721.jpg

 にゃんこ先生は、お水を飲んでる時間が長い。
ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ・・・
まだ飲んでるねぇ。
ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ・・・
飲めてるの?
ほとんど減っていないように見えるんですけど。
ピチャピチャピチャピチャ・・・チラッ
あ、いえ、別に、飲んでいただければ問題ないです。はい。
ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ・・・ペロッ
(手を)ブルブルッ
(足も)ブルブルッ
そのブルブルもよく分かりませんねぇ。
濡れたようには見えないのに、水を飲んだ後などによくやるのね。


ガキの使い罰ゲーム!!笑ってはいけない高校
 今日は待ちに待った
『ガキの使い罰ゲーム!!笑ってはいけない高校』
のオンエア日
今までは一人で楽しんでいたが、
少し前に弟が友人の家で『笑ってはいけない旅館』のDVDを見せてもらい、
面白かったと言っていたので、今回は話し相手になってもらえそうだ。
でも弟は今、試験期間中。
リアルタイムでは無理だなぁ

あま~い!甘すぎるよ小沢さ~ん!
 にゃんこ先生は、人間が見ている新聞やチラシやカタログなどにじゃれつくのがお好き
ひどいときはぐっちゃぐちゃにされて、びりびりにされて、見られなくされてしまう。
まだそのページ見てないのに・・・
でも、あまりにも楽しそうにじゃれているのを見ると、
好きなだけやらせてあげようと思ってしまう甘い人間。

 今日は、毎週月曜日のにゃんこ先生の楽しみの一つ、生協のカタログが届けられる日でした。
もちろん、心置きなくチラシにダイブされていました


 あま~い!甘すぎるよ小沢さ~ん!
 まだ見てないチラシをぐっちゃぐちゃにされても怒れない飼い主くらい甘いよぉ!

20051003160757.jpg



網戸の開け方がバレてしまいました。
 にゃんこ先生が網戸を開けられるようになったらしい。
私がその現場を押さえたわけではないが、祖父が証言していた。
また一つ悩みの種が増えたな~
これから寒くなるとは言っても、今日のようにまた暑くなるとも限らない。
これは一大事
早速ホームセンターへ対策グッズを買いに行った。
そこで、幼児転落防止と防犯用に売られているサッシロックを購入。
これで一安心・・・といけば良いけど・・・
にゃんこ先生の成長には日々驚かされます

 完全室内飼いのにゃんこの脱走防止策って、皆さんはどんな工夫をされているのでしょうか?


 お気に入りのビーズクッション。
 中のビーズがシャカシャカいうのが良いみたいです。
 人間が一緒に遊ぶときは、
 このクッションの下に棒を入れてもぞもぞ動かしてあげる。
 すると、大変食いつきの良いおもちゃになります。
 人間は疲れない猫は喜ぶう~ん、理想的

20051002184331.jpg



おもちゃをずるずる
 廊下をずるずると何かを引きずる音。
それと重なるにゃんこの足音。てててて。

 最近のにゃんこ先生はよく、人間のところまでおもちゃをくわえて持ってくる。
1階から2階へ。2階から1階へ。人間のいるところまで。
それをやられると、誰もがかまわずにはいられなくなる。
先生全勝思うツボ


 お気に入りのふわふわウサギ毛ボール。
 長い紐とプラスチックの棒が付いている。
 これも、ふわふわをくわえて長い紐の先の棒を引きずりながら、
 どこまでも運ぶ。
 「わざわざ運んで来てやったにゃ。遊ばないわけないにゃ?」
 もちろんですとも。ご苦労様です。

20051001152527.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。